齋藤由依(かおなしまちす)は現代美術家!経歴プロフィール紹介【バチェラー5】

  • URLをコピーしました!

現代美術家の齋藤由依(かおなしまちす)さん、
2023年7月、バチェラーシーズン5に出演することが発表されました。

どんな方なのか?プロフィールや経歴ついて調査しました。

目次

齋藤由依(かおなしまちす)のプロフィール紹介

齋藤由依(かおなしまちす)さんのプロフィールを紹介します。

生年月日1987年生まれ 35歳
出身地大分県津久見市
居住地大分県別府市
血液型不明
身長不明
好きな言葉向き不向きより前向きに

齋藤由依さんは現在35歳です、現在は別府市で暮らしています。

大分県の津久見市で美容師のお母さんと暮らしていました。

お父様は28歳の頃事故で亡くなってしまったそうです。

婚姻歴はありません。

ピエロのような恰好をし、自分をアートにしているようです。

長谷川さんのことが好きということをアピールしているため、
番組でどのように自分を魅せていくのか楽しみですね!

齋藤由依(かおなしまちす)の経歴紹介

1987年 大分県津久見市に生まれる
2004年 津久見高校 卒業
卒業後は美容師に就職
2012年 画家活動 開始
8年間ラウンジなどでアルバイトと兼業しながら画家活動
個展 間接照明
   間接照明2 など
POPUPイベント 「一夜限りのおばんざいまちす」など

齋藤由依さんは「かおなしまちす」として2012から
画家活動を開始されています。

かおなしまちすの由来は以下だそうです。

かおなし→特定の個人に限定されない匿名性
まちす→映画「アキレスと亀」(北野武監督)の売れない画家役「真知寿」から

齊藤さんは「テクスチャアート」という想像を掻き立てられるような絵を描いています。

美術関連の学校に行っておらず、大分県にある津久見高校を卒業されています。

高校卒業後はお母さんの職業である美容師をされていましたが、
フリーペーパーなどの依頼を受けるようなると評判がよく「上手」など褒められたそうです!

周りのアドバイスや昔から絵が好きだったこともあり画家を志し始めました。

8年間ラウンジやバイトをしながら画家活動をされていました。

大分県の地元の番組や情報誌で紹介されており、
別府という地域に根差した活動をしていました。

現在はラウンジは退職し、現代美術家として個展や絵の販売をされています。

まとめ

齋藤由依(現代美術家)の経歴・プロフィール紹介【バチェラー5】 でした。

まとめると、

  • 齋藤由依さんはかおなしまちす名義で現代美術家をされている
  • 齋藤由依さんは現在35歳、大分県津久見市出身
  • 過去には美容師やラウンジで働いていた

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


CAPTCHA

目次