参政党が分裂?何があったかわかりやすく解説!支持母体はどこかも調査

  • URLをコピーしました!

「8.30事変」とも言われ党代表が突然変わって以降、
参政党では直近の11月19日には吉野敏明氏の退会申請などは混乱が続いています。

分裂とも思われる様相が見られます。何があったのでしょうか?

支持母体はどこなのかを含めて調査を行いました。

目次

参政党とはどんな政治団体?

引用:参政党HP

参政党とはどういった政治団体なのでしょうか。

公式では「仲間内の利益を優先する既存の政党政治では、私たちの祖先が守ってきたかけがえのない日本がダメになってしまう」という理念を持つ政治団体です。

HPの全文はこちらです。

参政党とは、「仲間内の利益を優先する既存の政党政治では、私たちの祖先が守ってきたかけがえのない日本がダメになってしまう」という危機感を持った有志が集まり、ゼロからつくった政治団体です。特定の支援団体も、資金源もありません。同じ思いをもった普通の国民が集まり、知恵やお金を出し合い、自分たちで党運営を行っていきます。

引用:参政党HP

とのことです。

参政党の結党の流れを簡単に以下にまとめました。

2019年 Youtubeチャンネル「政党DIY」を神谷宗幣氏が解説
2020年 4月11日に参政党が結党
2022年 第26回参議院議員選挙で神谷宗幣氏が比例区当選
党員数・党友数は公表人数約10万人

元々は2019年神谷氏が開設したyoutubeチャンネル『政党DIY』が前身で、2020年4月11日に結党しました。

2022年7月の第26回参議院議員通常選挙に、比例区に5名の候補者を立てたほか、45の選挙区すべてに候補者を擁立しています。

選挙の結果、神谷氏が比例区で当選

さらに選挙区・比例区ともに得票率2%を記録し、公職選挙法・政党助成法上の政党要件を正式に満たしました。

その後、統一地方選挙では県議会議員を2議席から4議席に増加し、市議会議員選挙にて70名が当選するなど議席を確保。

現在国会議員は神谷宗幣参議院議員1名が所属。県議会議員は5名、区議会議員14名、市議会議員など約120名の議員が所属しています。

党員数・党友数は約10万人とも公表してるものの、
一定の信頼ができる男女共同参画局調査では2022年現在39530人です。

党の重点政策として、

・子供の教育
・食と健康・環境保全
・国のまもり

以上の3つを掲げて活動を行っています。

続いて、参政党が分裂したとは何があったのか?見ていきましょう。

参政党が分裂した?何があったのかわかりやすく解説!

引用:NHK

参政党において「8.30事変」ともいえる事件が起きました。

会見も行われ、大きくまとめてみると3つのことが起きました。

①党結成時のメンバーである松田代表が党の運営方針をめぐって対立が起き、神谷事務局長と揉めて辞任(辞職を促されて)
②党結成時のメンバーの赤尾由美氏がアドバイザーと次期衆議院東京ブロック予定候補から降りる
③初期メンバー(だったはず)の武田邦彦氏はアドバイザー継続。ただ、この人は党員ではなかった模様…

この結果、神谷事務局長が党代表となり、川雄一郎石川県議が副代表となりました。

これは内紛騒動ともいわれ、代表である神谷氏は「情報戦を仕掛けられている」「いろいろ事情があってすべてを話せない」とのことですが・・・・・。

この原因を調査しましたが、原因と思われる運営方針の対立の部分もどう対立したかなど詳細が全く出てきませんでした。

ただ、かなり大きなことであったことなのは、その後離党者が相次いでいることから推察されます。

動画散策していると、参議院選挙地方区に立候補して12万票を獲得した女性元立候補者は「突然、除名を申し渡された」、男性党員も除名されているという話も出てきました。

参政党を辞めた方から内情の暴露や不満が湧き出ています。

少し党の不満や暴露などが出てくるというのは普通なんですが、
除名された人数からかその量が多い気がします。

内紛騒動につながっているのでしょうか?
参政党元共同代表の吉野敏明氏が11月19日Xを更新し、参政党に離党(退会)申請を行ったと報告しています。

退会申請受付のメールも掲載されており、理由は「理念が異なるため」と記載されています。

2日前の11月17日にはまだ退会していないという投稿を行っていました。

それが2日後には退会申請報告…情報戦というか混乱の中にいるのは確かだと思います。

この吉野氏は参政党の立ち上げ時からのメンバーで、共同代表も務めた人物です。

昨年の参院選や大阪府知事選に立候補し、

  • 神谷宗幣氏
  • 松田学氏
  • 武田邦彦氏
  • 赤尾由美氏

らとともに〝ゴレンジャー〟といわれ、党の顔ともなっていました。

続いて、参政党の支持母体はどこなのか?調査しました。

参政党の支持母体はどこ?旧統一教会ではない?

そんな参政党ですが、支持母体は公式ホームページに記載される通りないとされています。

実際のところも、調査してみましたが、ないというのが有力です。

旧統一教会と繋がっている?旧統一教会が支援している?という噂もありました。

旧統一教会は特定の政党に協力しているというよりは、
満遍なく関わろうとしていたというのが正しく、その一つに参政党もあったと考えられます。

全く支持母体がなく政党得票数100万票を超えるのは難しいとは思います。

もしかしたら表に出ていない支持母体があるのかもしれません。

また、「様々な経歴の方がいますのでその方がかかわってきた団体はある」という発言もあったようですし、
個人として何かしら支持母体を持っておられる方はいるのかもしれませんね。

参政党に関するQ&A

参政党に関することを知らない方にもわかりやすく、よくある疑問を解説します。

参政党はなぜオレンジなのですか?

オレンジ色を日本語で言うと「橙色(だいだいいろ)」です。これが「代々」と掛かっています。

代々日本が続いていきますように」「子供達も、その先の世代も幸せでありますように」という想いいがこめられています。

参政党の代表者は誰ですか?

現在の参政党の代表は神谷宗幣参議院議員です。

まとめ

参政党が分裂?何があったかわかりやすく解説!支持母体はどこかも調査 でした。

まとめると、

  • 参政党は重点政策として、「子供の教育、食と健康・環境保全、国のまもり」の3つを掲げている政党
  • 「8.30事変」と呼ばれる事件にて代表が後退になり結果として元中心メンバーが退会申請にまでなった
  • 支持母体はないと思われる

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次